サウンドディレクターの1日

こんにちは!にーな[Lv.3]です!

 

2021年も、早いもので残り半分となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は、ディンプスWEB通信では、まだ一度も登場していなかった「サウンド開発部」について、ご紹介したいと思います!

 

☆現在、中途採用で「サウンドディレクター」を募集中です!☆

▼募集要項はこちら

https://recruit.dimps.co.jp/adoption/mid_job_soundcreator

 
ぜひ今回の記事も参考に、ご応募いただけると嬉しいです!!!
 ※なお、サウンドの新卒採用は行っておりません。悪しからず、ご了承ください。


今回は「サウンド開発部」から「サウンドディレクター」をピックアップして、その1日をインタビューしてきました!

 

■まずは自己紹介からお願いします。 

サウンド開発部 サウンド開発課のカモ[Lv.1]と申します。主にサウンドディレクションを担当しております。
コンシューマー機のドラゴンボールシリーズを入社以来担当しており、今年で21年目に入りました。
先日、役職名が「シニアサウンドアーキテクト(SS)」になり、略称では超サイヤ人と同じ表記になりました。

 

f:id:dimps_media:20210713160321j:plain
 

にーな:登場早々、情報量が多くてツッコミどころに迷いますが・・・
あえてこのまま進めますね( ^ω^ )・・・

 

 では早速、朝起きたところから伺っていきたいと思います!

 

■起床時間 7:30

以前はもう少し早かったのですが、子供たちが大きくなり、学校の準備など自分でしてくれるようになったので結構ゆっくり起きられます。

とはいえ、かなり早朝に、大体5時過ぎですかね、猫が起こしに来るのでご飯をあげて二度寝しますが。
朝食は必ずブリオッシュとカプチーノ、ばあやの作ったスクランブルエッグ、みたいなのは嘘なのでカットですかね。そうですね。

今のコロナ禍で在宅勤務も多くなりましたが、ウチの会社は結構スムーズに在宅勤務への移行が出来たので助かりました。


f:id:dimps_media:20210713151055j:plain

にーな:猫さんに起こされる生活、、、うらやましいです!


■出勤時間 10:00

結構ゆっくり目の10時を目途に出社しています。御堂筋線でも梅田から座れる事が多いです。
出勤したらまず濃いめのエスプレッソを自席で(以下略

メールチェック、コミュニケーションツールなど確認して今日の作業をザックリ決めていきます。
ザックリ、なのはプロジェクトが生き物で、差し込みの相談や対応などがある事を想定して動くためです。

自分の抱える作業が多い時はスグに作業に移行しますが、そうでなければ情報収集なども午前中にする事が多いです。 ニューリリースのゲーム、公開される映画、技術情報、サウンド機材やソフトのレビュー、金属バット(芸人)の新ネタなど。

出張などになると朝6時に出発、なんかも有りますね。ボイス収録やBGM収録立ち合いなど。担当するIPにもよりますが、大(でえ)ベテランの声優さんとお会いしたりします。未だに緊張しますが、逆に向こうが気さくにお話してくださったりして恐縮してしまいます。

飛行機で移動する事もあるのですが、その時は大体JourneyのDon’t Stop Believin’を聞きながら空港まで移動すると行先が例え東京の日帰りでもオレゴンに3年、くらいの気持ちになれるのでお勧めです。

オジサン以外は何言ってるか分からないですよね、そうですよね。

■午後休憩: 12:30~

以前のフル出勤時はお弁当を持って来て食べてました。子供たちが学校に行くのでそれと同じモノを持たせてもらってました。たまに自分で作るとまっ茶色なお弁当になるんですが。食事の後は少し薄めのモカキリマンジャロを(以下略

自分が「意識高い系ゾーン」に入っている時は食後にウォーキングなどしたりします。周りに緑が多いので散歩コースも困りません。入っていない時はどうするかと言うと寝ます。昼寝上等。

在宅時は近所で買ってきたり、サッと作れるものを食べたり、子供たちが作った「男子高校生の夢」みたいなご飯をお相伴したりしてます。

 

f:id:dimps_media:20210714081144j:plain

にーな:もちろん普段からこのマスク姿でお散歩しているわけではないので、皆様ご安心ください(笑)

■午後勤務 13:30

午後からは実作業や、会議なんかも入ってくることが多いですね。会社の中では中々の年寄りなので、進捗確認やプロジェクト進行の問題点などを話し合う事が多いです。いうまでもなく、ゲーム作成はチーム作業なので、みんなが気持ちよく作業できるように、それでいてユーザーの皆さんが楽しくプレイできるように、と言う、簡単そうに見えて実は滅茶苦茶難しいお題に向き合っているので一筋縄ではいきません。

ただ、サウンドは作業が終盤になる事が多いので、他の職種の方と見えている景色が違う事が多いです。そういう所で気付いた事は出来るだけお伝えするようにしています。うーん、少し真面目過ぎますかね。

あ、そうそう、大体15時から16時まではモノマネしながら仕事しているんですが、話しかけられる時はそれを忘れてしまうんですよね。

以前はサウンドデータ制作を協力会社様にお願いして、社内の我々はデータ化やゲーム内チェックを行う事が多かったのですが、近頃は運営系のコンテンツも増え、データ更新の頻度からデータ作成も我々で担当する事も増えてきました。
ディレクションの自分とクリエイターの自分の頭の切り替えが難しいですが、楽しい所でもあります。

 

f:id:dimps_media:20210714081209j:plain


にーな:VRゴーグルonマスク、彼には一体なにが見えているのでしょうか・・・

■退勤時間 19:00

順調に事が進めば遅くまで残ることはなく上がります。キリが悪かったり、急ぎの作業があったりする場合は少し残って作業を続けます。軽くみんなで飲みに行く事はウチは普段から結構少ないんじゃないですかね。
それぞれの作業があって、進め方も個人のやり方を尊重してくれている部分も大きいかと。
僕もお酒ダメなんでそれはもう慎ましやかに家路につくのでありました。

かといって交流なんかが全くない訳ではないんですが。
何となく、大人な距離感がディンプス社員には有るように思います。

 

f:id:dimps_media:20210713152655j:plain


にーな:マスクの下の素顔は見せない、さすがプロ(?)です。


■帰宅時間 20:00

家に帰るとご飯を食べます。3度の飯よりご飯が好きなので、かなり楽しみにして帰ります。その後はもうダラダラしてますね。本気の大人のダラダラを皆さんにお見せ出来ないのが残念です。

最近これではいかん、とオンライン英会話とリングフィットアドベンチャーなんか始めちゃったりしてますね。
リングフィットアドベンチャーに関しては家族4人で運動不足解消のためにプレイしているので、僕の番の頃には握り部分が汗でしっとりしていたりも。

後は趣味でバンド活動をしていたりしますので、週1回はリハーサルをしたりしてます。
コロナ禍で集まれない時はオンライン会議で面白かったテレビの話とかしてますね。
これはスタジオに集まってもおんなじ事してるんですけど。2時間の練習で楽器触るのが30分とかザラですね。

 

■就寝時間 23:00

大体この時間位になると確実に眠くなりますね。お酒もほぼ飲まないのに。独身の時は2時3時まで起きてたりしたんですが、子供の寝起きに併せているうちに、今では子供たちより早く寝てるんじゃないですかね(笑)

何かの本で「ふたご座は睡眠不足が一番の大敵!」って書いてあったんですよ。だからって訳でもないんですが。大人が8時間毎日たっぷり寝てますね。寝る大人も育ちますよ。 

■休日

家族で出かける事が多いですね。月一にコストコとロピアに行くのが心の支えになってます。

バンドのライブで出かけたり、趣味の料理を嗜んだり、後は自分磨きですかね。自分磨きって何ですか?

あと、(今はコロナ禍で難しいですが)家族旅行が休みの楽しみだったりしますね。3度の飯より飯が好きなので、おいしい料理を旅行で探すのが大好きです。美味しかったのはトルコ、台湾、ベトナムですかね。(美味しかった・・・)

にーな:休日に楽しみがあると、やる気にも繋がりますよね!

■最後に、就職活動をされている方へ、メッセージをお願いします!

就職活動は皆さんの中で大きな転機ではあると思います。ただ、これで人生全てが決まるわけではありません。

仕事は人生の一部分です。しかし、全てではありません。
就職活動は自分自身としっかり向き合う初めてのチャンスだと思います。
だったら、少し見方を変えて、楽しく攻略してみては如何でしょう?
自分の長所は?ゲームで言うと自分のアビリティは何なのか?そのアビリティはどう生かすことができるのか?
そのアビリティはしっかりとアピールできているのか?そのアビリティは敵(!?)の急所に刺さるのか?

敵を知り己を知れば百戦危うからず。就職活動を楽しむことが出来れば長い戦いも乗り越えられるようになりませんかね。

一緒に仕事を楽しみながら戦える同士がウチに来てくれると嬉しいですね。

 

f:id:dimps_media:20210713152752j:plain

 

にーな:ありがとうございました!!

 

「サウンドディレクターの1日」はいかがでしたでしょうか?
エンターテイナーとして全力で取り組んでもらいました!
サウンド開発部は社内でも特に、ユーモアがあって面白い人が多いので、今回の記事で少しでも雰囲気が伝われば嬉しいです!

 

今後も社員紹介をしていきたいと思いますので、お楽しみに♪

 

それではまた!